このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 03-64803-5180
受付時間:平日09:00~17:00

品川区の事業者様限定 
『実質無料』で経営計画を作成してみませんか?

中小企業庁・品川区の中小企業支援施策(早期経営改善計画)を使って、実質無料で経営計画を作ってみませんか?

「早期経営改善計画」とは中小企業庁が行う公的施策で、資金繰り・収益計画など基本的な経営計画を作成して、中小企業者を支援する制度です。国が認める専門家(認定支援機関)が、計画作成を支援し、計画策定から1年間フォローアップを行います。

御社の事業でこんな悩みはありませんか?

    • ここのところ、資金繰りが不安定だ。
  • 原因が分からないが、売上が減少している。
  • 自社の状況を客観的に把握したい。
  • 外部の専門家から経営に関するアドバイスが欲しい。
  • 原因が分からないが、売上が減少している。

本サービスの3つのポイント

POINT 1
『早期経営改善計画』は中小企業庁が実施する「国の制度」です
  • 中小企業庁が行う公的な制度「早期経営改善計画」を利用したサービスです。
  • 国から認定を受けた認定支援機関である弊社が、御社と共に経営計画を作成します。
  • 御社の強み・弱み・市場環境等の現状分析をした上、実効性の高い計画作りに取り組みます。
  • 必要に応じて、金融機関との条件変更が伴う「経営改善」・「事業再生」の支援策をご紹介します。
POINT 2
「敷居が高い」と思われがちな「事業計画作成」に専門家の力を活用できます
  • 多くの事業者が経営計画を作成することが「大変」「面倒」という悩みを持ち、「そもそも書き方が分からない」ことから、作成に至っていない状況です。国の制度を使って、弊社のような外部専門家を活用して取り組むことが可能です。
  • 経営計画を準備の上、事業の将来像を金融機関に共有することで御社の事業を評価してもらいやすくなります。
POINT 3
品川区の事業者様限定実質無料で本制度を活用することが可能です
  • 通常であれば専門家に対する手数料30万円に対して、国から2/3(20万円)の金額が補助される制度です。
  • 一方、品川区の令和4年度中小企業支援施策で、残りの1/3(10万円)が補助されることになり、『実質無料』で計画策定の支援を受けることが可能です。
POINT 2
「敷居が高い」と思われがちな「事業計画作成」に専門家の力を活用できます
  • 多くの事業者が経営計画を作成することが「大変」「面倒」という悩みを持ち、「そもそも書き方が分からない」ことから、作成に至っていない状況です。国の制度を使って、弊社のような外部専門家を活用して取り組むことが可能です。
  • 経営計画を準備の上、事業の将来像を金融機関に共有することで御社の事業を評価してもらいやすくなります。

<実質費用負担が無料になる制度です>

  • 通常であれば、国からの2/3の金額が補助される制度です。
  • 令和4年度の品川区中小企業支援施策として、品川区の事業者限定で、残りの1/3の金額が補助されます。

サービスご利用の流れ

①メインバンク・中小企業活性化協議会(※)に事前相談を行います(弊社同行)
②御社に訪問して経営計画策定をお手伝いします
③メインバンクに経営計画の報告を行います(弊社同行)
④着手金の補助を品川区に申請します
⑤計画策定後のフォローアップを行います。
(※)中小企業活性化協議会は、全国の商工会議所等が運営する中小企業の活性化を支援する「公的機関」です。

早期改善計画で作成する4つの資料(サンプルは中小企業庁HPより引用)

ビジネスモデル俯瞰図・損益分析
ビジネスモデル俯瞰図を用いて、事業内容や商流・業務プロセスを整理します。又、損益実績をもとに過去の損益状況・事業状況を把握することで、御社の特色・問題点等について、定性的情報・定量的情報の両面から網羅的に確認することが可能です。
課題とアクションプラン
現状分析で把握した事業の特色・問題点等について、その原因の把握と、今後の見通しを確認します。御社が今後の事業展開に向けた競争力強化・問題点の除去に向けた、重点的に対応すべき経営課題を明確化します。
計画数値(損益計画・簡易CF)
現状分析の結果と改善取組み効果を踏まえて御社の今後の数値計画(見通し)を検討します。特に損益計画は、過去の損益実績を踏まえて、今後の事業見通し、及び、アクションプラン実施による改善事項を加味して算定します。
月次損益・資金繰り予定表
資金繰り見通しの精度を向上させ、突然の資金不足を回避するために、御社の入出金状況を分析します。今後の資金収支を予測し、資金不足が懸念される場合は対策案を検討します。

月次損益・資金繰り予定表
資金繰り見通しの精度を向上させ、突然の資金不足を回避するために、御社の入出金状況を分析します。今後の資金収支を予測し、資金不足が懸念される場合は対策案を検討します。

<代表者よりご挨拶>
Zen Japan株式会社 代表取締役
尾亦 周平(おまた しゅうへい)

本ページをご覧頂きありがとうございます。中小企業庁認定の経営革新等支援機関・中小企業診断士でZen Japan株式会社の尾亦です。

平成28年度の中小企業白書によれば、事業計画を作成した多くの事業者が、計画作成の前向きな効果を感じています。
具体的には
「経営方針と目標が明確になった(73.8%)」
「自社の強み・弱みを認識できた(68.6%)」
「販路開拓のきっかけとなった(38.5%)」
と回答しています。

一方で、弊社が中小企業者への支援活動を行う中、目の前の仕事に手一杯となって「仕事の優先順位がつけられない」「自信をもって経営のかじ取りを行えない」という悩みを抱えた事業者様が多いことを目の当たりにしています。同時に、勢いのある事業者様は自社で経営計画を作る体制を構築しているか、専門家を上手く活用している、ということも感じています。

中小企業庁の「早期改善計画」はこれまでも存在していました。この度、東京都品川区が「令和4年度の中小企業支援策」として、本制度をバックアップする運用を開始したことで、当社のような認定支援機関が『実質無料』で経営計画の策定を支援できることになりました

是非、積極的に本制度をご利用頂き、我々専門家と共に自社の「羅針盤(経営計画)作り」を進めて頂ければと思います。
余談となりますが、所属する東京中小企業家同友会・品川支部で、「品川区商業ものづくり課」の方と共に登壇させて頂きました。品川区の支援制度を設計・運用している担当者の方々と直接意見交換ができる貴重な機会となりました。

◇6/23(木)東京中小企業家同友会・品川支部6月例会での発表内容
<前半>品川区商業ものづくり課『令和4年度品川区中小企業支援策について』
<後半>Zen Japan株式会社 『令和4年度補助金制度をざっくりアップデート』

中小企業診断士として公的制度を分かりやすく、噛み砕いて事業者様にお伝えすることは、大事な役割と認識しています。行政と民間のつなぎ役として(ささやかながら)社会のお役に立てるよう日々業務に励んでおります。
余談となりますが、所属する東京中小企業家同友会・品川支部で、「品川区商業ものづくり課」の方と共に登壇させて頂きました。品川区の支援制度を設計・運用している担当者の方々と直接意見交換ができる貴重な機会となりました。

◇6/23(木)東京中小企業家同友会・品川支部6月例会での発表内容
<前半>品川区商業ものづくり課『令和4年度品川区中小企業支援策について』
<後半>Zen Japan株式会社 『令和4年度補助金制度をざっくりアップデート』

中小企業診断士として公的制度を分かりやすく、噛み砕いて事業者様にお伝えすることは、大事な役割と認識しています。行政と民間のつなぎ役として(ささやかながら)社会のお役に立てるよう日々業務に励んでおります。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。